楽天市場

2020年05月12日

Microsoft Officeアプリ

 マイクロソフトの「Microsoft Office」アプリの売りは、Word、Excel、Powerpointといったofficeソフトがスマホで作成・編集できることです。早速インストールしてみました。AppStoreの評価は2027件で評価4.5。悪くない数字だとおもいます。

 office_apri_01_IMG_0649.jpg

 ホーム画面の下部には、ホーム、+、操作の3つのボタンがあります。

 office_apri_03_IMG_0651.jpg

 真ん中の「+(プラス)」ボタンを押すと、メモ、レンズ、ドキュメントの3つのボタンが現れます。

 office_apri_04_IMG_0652.jpg

 「メモ」を押すとメモ帳画面に。いつものようにメモを作成し、保存、送信などが行えます。

 office_apri_05_IMG_0653.jpg

 「レンズ」を押すと、キャプチャできます。ちなみに、最初のみカメラへのアクセスを求めてきますので、OKで先に進みます。

 office_apri_06_IMG_0654.jpg

 そして、「ドキュメント」を押すと、Word、Excel、Powerpointの作業画面に移ります。ファイル作成は、スキャン、新規、テンプレートの中から選べます。

 office_apri_07_IMG_0655.jpg

 ちょっといじっただけですが、Word、Excel、Powerpointが統合化されていて、しかもスマホでサクサク使えるのは驚きです。さらに、画像からテキストや表を起こすことができるというのは、スマホの機能をうまく活かしていると感じました。これで紙資料からの面倒なデータ起こしから解放されそうで期待できます。

 また、PDF機能にも注目です。スキャン、画像、ドキュメントからPDFが作成できます。署名機能は日本ではまだなじまないかもしれませんが、外資系企業ならば使えそうです。

 ファイルの共有は、ホーム画面右上のフォルダアイコンをタップし、「場所の追加」から選んだクラウドサービスを介して行ないます。試しにアカウントを持っているOneDriveを開いたら、この中のエクセルやPDFがスムーズに開けました。

 ひさびさに使えるお仕事アプリに巡り合えた気がします。

posted by 気ままなブラック at 22:40| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

Hyper+Cube(ハイパープラスキューブ)

 USBリーダー「Hyper+Cube(ハイパープラスキューブ)」の特長は、iPhone充電中に、付属のポートに挿した外部メモリーに自動バックアップしてくれることです。

 「コンセント」−「iPhoneの充電アダプタ(白い立方体ですね)」−「ハイパープラスキューブ+外部メモリー」−「スマホ」の順に接続しておけば、スマホから外部メモリーにバックアップ。

 iTunesを介して、といった面倒なプロセスをとばせるので、とても便利です。使えるメディアは、USBメモリー、SSD、HDD、そしてmicroSDカード(最大2TB)です。USBメディアは容量無制限。

 また、接続するデバイスはiPhoneだけでなく、iPadもAndroidもOKなので、対応メディアの幅広さといい、容量といい、なんでもござれなので、かなりのすぐれものです。




posted by 気ままなブラック at 23:02| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

顕微鏡レンズ 「BLIPS(ブリップス)」

 GLOTUREが発売した「BLIPS(ブリップス)」はスマホを顕微鏡に変えるミニレンズセット。レンズは、Macro Plus、Macro、Micro、Ultraの4種類。

 Macro Plusレンズは花など立体的な対象に、Macroレンズは昆虫や動く物体に、Microレンズはプレパラートなどの平面性の高い対象に、Ultraレンズは動植物の細胞など小さな物体の細部の観察に、それぞれ適しています。

 レンズは非常に薄く、静電気でくっつき、付属の接着バンドで固定します。イメージとしては、コンタクトレンズをスマホのカメラレンズに被せる感じ。スマホに装着したままポケットに入れても違和感がないようです。

 MACROキット、FULLキット、ULTRA LABキットの3キットが用意されていて、MACROキットはMacro PlusレンズとMacroレンズの2つが含まれる初心者向けキット。FULLキットは4種類のレンズが含まれる標準的なフルキット。そして、ULTRA LABキットは、FULLキットに加えてUltraレンズ使用時に活躍するスマートフォンステージ、ライト、イタリア製のプレパラート6枚が付属する最上位キットです。

 顕微鏡がポケットに収まるとは。顕微鏡の台数が増えたも同然なので、研究室でも活躍しそうですし、フィールドでも観察できるのが大きなメリットだと感じました。

posted by 気ままなブラック at 22:53| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする