楽天市場

2020年05月12日

Microsoft Officeアプリ

 マイクロソフトの「Microsoft Office」アプリの売りは、Word、Excel、Powerpointといったofficeソフトがスマホで作成・編集できることです。早速インストールしてみました。AppStoreの評価は2027件で評価4.5。悪くない数字だとおもいます。

 office_apri_01_IMG_0649.jpg

 ホーム画面の下部には、ホーム、+、操作の3つのボタンがあります。

 office_apri_03_IMG_0651.jpg

 真ん中の「+(プラス)」ボタンを押すと、メモ、レンズ、ドキュメントの3つのボタンが現れます。

 office_apri_04_IMG_0652.jpg

 「メモ」を押すとメモ帳画面に。いつものようにメモを作成し、保存、送信などが行えます。

 office_apri_05_IMG_0653.jpg

 「レンズ」を押すと、キャプチャできます。ちなみに、最初のみカメラへのアクセスを求めてきますので、OKで先に進みます。

 office_apri_06_IMG_0654.jpg

 そして、「ドキュメント」を押すと、Word、Excel、Powerpointの作業画面に移ります。ファイル作成は、スキャン、新規、テンプレートの中から選べます。

 office_apri_07_IMG_0655.jpg

 ちょっといじっただけですが、Word、Excel、Powerpointが統合化されていて、しかもスマホでサクサク使えるのは驚きです。さらに、画像からテキストや表を起こすことができるというのは、スマホの機能をうまく活かしていると感じました。これで紙資料からの面倒なデータ起こしから解放されそうで期待できます。

 また、PDF機能にも注目です。スキャン、画像、ドキュメントからPDFが作成できます。署名機能は日本ではまだなじまないかもしれませんが、外資系企業ならば使えそうです。

 ファイルの共有は、ホーム画面右上のフォルダアイコンをタップし、「場所の追加」から選んだクラウドサービスを介して行ないます。試しにアカウントを持っているOneDriveを開いたら、この中のエクセルやPDFがスムーズに開けました。

 ひさびさに使えるお仕事アプリに巡り合えた気がします。

posted by 気ままなブラック at 22:40| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする