楽天市場

2018年09月12日

『トイレの缶詰セット BR350』

 地震直後は、水が使えてもトイレの水は流さない方がいいらしいです。理由は、排水管が損傷しているかもしれないからだそうです。

 マンションだと階下の住宅に汚水が雨漏りする事態になりますし、それが自宅だと笑えません。一戸建てでも、もし流れずに詰まったら、と考えると自重したほうがいいですね。2回にトイレがある家も珍しくありませんし。

 損傷しているかどうかは排水トラブルの業者さんにお願いするとして、災害直後だと、いつになるかおぼつきません。

 上記を知って、災害用トイレを常備しておくことが大事だとおもい見つけたのが、『トイレの缶詰セット BR350』です。

 この製品には、凝固剤30回分と汚物袋30袋、それに防寒アルミブランケットが入っています。汚物袋を便器と便座の間にはさみ、用を足したら凝固剤を振りかけて、汚物袋の口を縛って廃棄します。凝固剤はパックで小分けするタイプではなく缶詰タイプです。これがおそらく製品名の由来ですね。

 凝固剤が缶に入っていて保管しやすいこと(汚物袋は代用が利いても凝固剤は変わりがきかないので)と「15年保障」であることに惹かれました。




posted by 気ままなブラック at 21:55| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする